「溶連菌」の記事一覧

溶連菌と尿検査について

溶連菌
溶連菌と尿検査

    溶連菌の疑いがある場合、病院で検査をします。検査方法は、溶連菌迅速判断キットを使ったり、培養検査などを行います。   この方法は、喉の粘膜を綿棒でこすって細菌を摂り検査をする方法です・・・

溶連菌の感染経路について

溶連菌
溶連菌の感染経路

    幼稚園や学校で、「冬」や「春から夏」にかけて流行する溶連菌感染症。集団生活をする子供たちの間で大流行します。   溶連菌自体は、弱い菌ですがその感染力はとても強いため周りに溶連菌感染・・・

溶連菌に感染する原因について

溶連菌
溶連菌に感染する原因

    溶連菌は、どこにでもいる細菌です。特に咽頭部や皮膚上に常在しています。   溶連菌自体は弱い菌ですが、感染力が強く集団生活をしている3歳~15歳にとくに感染します。溶連菌が原因の感染・・・

溶連菌の治療で使う薬について

溶連菌
溶連菌の治療で使う薬

    溶連菌はどこにでもいる細菌です。人間の咽頭部や皮膚上に普通に存在するばい菌です。   感染すると、喉の痛みや発熱、発疹などの症状を起こします。症状も個人差があり、軽い症状ですむ人もい・・・

溶連菌の検査方法

溶連菌
溶連菌の検査方法

    溶連菌感染症は子供に多い病気です。一年中溶連菌は、いたるところにいますが感染のピークは「冬」また「春~夏」です。   溶連菌の種類にはいろいろありますが、主にA群βレンサ球菌が90%・・・

溶連菌・子供の症状について

溶連菌
溶連菌・子供の症状

    溶連菌は、どこにでも普通に存在する細菌です。溶連菌に感染すると、ヒトからヒトへと飛沫感染や接触感染をします。   一年中存在する菌ですが、感染のピークは「冬」と「春から夏」です。冬は・・・

溶連菌の感染力は?

溶連菌
溶連菌の感染力

    溶連菌は、どこにでもいる細菌です。   主に溶連菌が喉や、ケガをした皮膚などに感染する病気です。溶連菌自体は弱いのですが、感染力は強いです。   そのため、抵抗力が弱い幼児・・・

溶連菌ってうつるの?

溶連菌
人にうつろうとする溶連菌

    溶連菌は、ヒトからヒトへと感染します。   溶連菌に感染している人のクシャミや咳が飛沫して感染する飛沫感染や細菌がついた手からも感染する接触感染があります。   今回は、溶・・・

ページの先頭へ